実名

スケート行ってきた



c0193497_13208.jpg
[PR]
by mimachigai | 2014-01-24 21:14 | マンガ | Comments(15)
Commented by aimu at 2014-01-24 21:53 x
原りょう氏の『そして夜は甦る』には、「小著には実在のものと同一の地名・団体名・企業名・個人名・作品名等が頻出するが、フィクションである以上書かれていることは事実とは直接何の関係もない。使用にあたっては慎重を期し、いかなる迷惑をも及ぼさないよう配慮したつもりであるが、もしそうでなければ、責任は登場人物の諸氏にではなく、著者の力量不足にある。そういう方法をとった理由はただ一つ、例えば新聞なら<毎朝新聞>で事足れりとすることがどうしてもできなかったからである。」というあとがきが付いています。このコメントも特に原氏の了承を取ってはいませんが、なんとなく氏は許してくれそうな気もします。
Commented by Chisa at 2014-01-24 22:23 x
大人の事情は置いといてうちの親戚の子ほんまそんな発言する。
きもちわるおもろいです。
Commented by 通りすがり at 2014-01-24 22:32 x
サポセンのおねえさんかわいい。シュシュで髪を横にしている点がとくに。
Commented by TPぼん at 2014-01-24 23:07 x
固有名が大量に出てくる小説といえば、村上春樹ですね。あれはまさに「この人はぼくと同じ世界に住む人なんだ…」と思わせる手法で、そのあとの非日常的展開の衝撃度を上げるための、前フリになってます。
でも、実名を避けて遠回しに言うことで、
「この世界では、このアニメがドラえもんかプリキュアかは、
 重要でない設定なのねー」
という距離感が解って、それはそれで、そーゆー手法なんだと思います。
Commented by 流血鬼 at 2014-01-24 23:23 x
で最後のコマでは結局テレビも見ずにみんなで買ってきた飯食ってるんですよね。
ビデオ録ったのか?リアルタイムで見たかったんちゃうんか?
Commented by トリ at 2014-01-25 01:33 x
村上春樹さんは実名にこだわっておられますよね。
コンビニではダメで、セブンイレブンと書きたかった、という説明を読んだことがあります。
具体的に書くことが作者の表現したい世界に近づく手段であるなら、書いて欲しいですよね。
Commented by 鬼子 at 2014-01-25 02:18 x
今更なのでつっこむべきか迷いましたが(´・谷・`;)
なか卵ではなくなか"卯"ですぞ
卯年の卯^o^
Commented by ニラ玉 at 2014-01-25 07:49 x
描く!
Commented by りりー at 2014-01-25 11:09 x
そういう使い方しちゃだめだのなんだの、わんさかあります。
Commented by びにわ at 2014-01-25 12:29 x
お気持ちはよくわかります。
でもね、後で修正してください、って言われるの
めんどうなんですよ。
「ドラえもん」と言わないのは
広告用のマンガだからだと思いますよ。
Commented by シュシュ at 2014-01-25 13:19 x
コロ助がいる!
Commented by ふぃ at 2014-01-25 14:38 x
「ドラえもんの名前?○○万円で許可できますよ」
Commented by だるびっしゅ at 2014-01-26 04:50 x
物書きではないんですけれど、私も
ブログとか結構実名書いた事後悔するのですが…
デカい世界をひとりで相手しなきゃいけない気になって
やべーどーしよーってなります。笑
Commented by よっち at 2014-01-29 05:43 x
ドラえもんが公式になか卯プッシュしてるみたいに取られるからでは。
まぁそれならクレヨンしんちゃん使えばいいんですが
Commented by とんこつ at 2014-08-06 15:13 x
なか卯ってー♪うっううううぅー♪


下着どろぼうのブログです


by mimachigai

プロフィールを見る

マンガ家・イラストレーター
小山健 koyama ken

東京都在住

いつなんどきもお仕事を必要としています
24時間以内にメールのお返事します

■Mail
teashiwopatapata@yahoo.co.jp

twitter
facebook

カウンター

カテゴリ

全体
マンガ
お仕事履歴
告知

以前の記事

2015年 12月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月